石田まさひろ政策研究会

後発医薬品の価格と価格帯に係る意見

後発医薬品のシェア数が上昇しています。
しかし、後発薬品の種類が多すぎ、提供する側・使用する側共に混乱が多いこと等の意見も挙がっています。
医療費を抑えるために、後発医薬品の使用は不可欠です。しかし、類似の後発薬品を整理するなどし、処方間違い・使用間違いなどを予防し、患者さんが安全に薬を使用できるようにする必要があります。

出典:平成29年2月22日(水)
中央社会保険医療協議会 診療報酬改定結果検証部会

0000029614_0001のサムネイル

228
Return Top