石田まさひろ政策研究会

平成28年版 労働経済の分析【第2章】-誰もが活躍できる社会と労働生産性の向上に向けた課題

平成28年版 労働経済の分析
-誰もが活躍できる社会と労働生産性の向上に向けた課題-
第2章 労働生産性の向上に向けた我が国の現状と課題

少子高齢化による生産年齢人口減少や、景気回復に伴う労働需要の増加により、今後、人手不足の状況に拍車がかかると予想されています。今後は、この供給制約を克服していくことが大きな課題となり、課題解決には労働生産性の向上が必要不可欠となります。
労働生産性向上を目指す上で、日本の労働生産性の現状、賃金や雇用と労働生産性との関係を確認する必要があります。さらに、労働生産性の向上や人口減少による経済成長の制約を克服するための方策を、企業、労働者の側面などから検討し、取り組むべき課題を整理する必要もあります。

このような背景から、以下のことが書かれてます。
・我が国における労働生産性の現状
・賃金面・雇用面からみた労働生産性の上昇の果実
・労働生産性の上昇に向けた我が国の課題と施策

平成28年版 労働経済の分析 -誰もが活躍できる社会と労働生産性の向上に向けた課題【第2章】のサムネイル

76
Return Top