石田まさひろ政策研究会

糖尿病が強く疑われる者における治療の状況

糖尿病の疑いが強い中、約3割の者が治療を受けていない現状があります。さらに、その割合は40代で約半数です。
糖尿病の重症化により、様々な合併症が起こることからも早期に医療介入できる仕組みを作る必要があります。

出典:平成29年3月29日
中央社会保険医療協議会

糖尿病が強く疑われる者における治療の状況のサムネイル

343
Return Top