石田まさひろ政策研究会

1週間の就業時間が60時間以上の雇用者の割合

インターネット通販の普及やサービスの向上などの影響により、運輸業・郵便業での長時間労働者の割合が高いです。
最近、AIを利用した自動配達サービスの実験を開始している業者が出てきました。テクノロジーでマンパワーを補い、雇用者の負担が軽減することを期待したいです。

出典:平成28年10月25日
過労死等防止対策推進協議会

1週間の就業時間が60時間以上の雇用者の割合のサムネイル

313
Return Top