石田まさひろ政策研究会

認定看護師数

日本本看護協会が第25回目の認定看護師の審査結果を発表しました。
認定者は1478人。
これにより認定看護師は合計で18,728人になりました。

認定看護師は21分野ありますが、1,000人以上が7分野になりました。
感染管理:2,744人
皮膚・排泄ケア:2,419人
緩和ケア:2,211人
がん化学療法看護:1,530人
救急看護:1,205人
集中ケア:1,169人
認知症看護:1,003人

このような人数が多い分野は診療報酬の点数算定の際の配置要件に関係しているものが多く、診療報酬のあり方が認定分野の隆盛に深く関わっていることがうかがい知れます。

認定看護師のうち病院に所属する者は16,858人で、全国の2,557施設にいます。
最近は病院を訪問すると、たいてい認定看護師さんがいますから、ずいぶん普通になってきたなぁと思います。

とはいえ、病院で働いている看護職員数は100万人ほどいますから、まだ2%にも達していません。かなりレアな資格といえます。直感的には1割くらいが認定看護師にならないと、なかなか国レベルでの制度に位置づけるのは難しいかなと感じます。
もっと増えてほしいですね。

認定看護師が今後さらに活躍することを期待しています。

287
Return Top