石田まさひろ政策研究会

江戸錦

らんちゅうは、背びれがなく体がすんぐりとしていて頭に肉瘤が目立ちます。東錦の模様は赤、白、黒、青色で、モザイク模様、透けた鱗が多いです。

その2系統の特徴をあわせもつのが江戸錦。昭和26年に2代目秋山吉五郎氏がらんちゅうに東錦を交配させ作出したものです。以降固定化が進み、昭和32年に「江戸錦」と名づけられました。由来はその産地、東京=「江戸」です。

意外かもしれませんが、江戸は金魚の大産地の一つでした。元禄年間に現在の上野の不忍池付近で養殖が始まり、江戸後期には金魚が大衆に広がったことから今の江東区、墨田区、江戸川区にひろがり、特に江戸川区は昭和の中期ころまでは、奈良の大和郡山、愛知の弥富とならび3大産地でした。高度成長期以降、東京の都市開発、埋め立てによる池の埋設など環境が激変し、江戸川区の金魚養殖は激減。都内から埼玉等に移っていきました。江戸川区は、最近は「金魚のふるさと」というフレーズを多く使うようになりました。

 

江戸錦という名前の金魚が生まれるだけの背景が東京=江戸にはあったわけですね。この江戸錦、いまや日本だけでなく、中国や東南アジアでも産出されていて世界で人気がある金魚になりました。

さて、この江戸錦、自分でももらんちゅうと東錦を掛け合わしたことがありますが、東錦がらんちゅうにはない背びれを持つためか、実際に生まれてくる子供の多くがらんちゅうのような丸みを帯びた体形になるものの背びれが出てしまい、江戸錦にはなりませんでした。さらに、らんちゅうは鱗が半透明ですが、江戸錦は東錦と同じ透明の鱗をもたねばならないため、掛け合わせても多くは江戸錦にはなりません。なかなか難しいものです。

ちなみに、江戸錦といえばお相撲さんの名前でもありそうですが、実際に昭和47年に初土俵で序二段まであがった相撲力士がいたそうです。

Return Top