石田まさひろ政策研究会

法案解説シリーズ(14)-児童虐待法-

通常国会の会期末、児童福祉法改正案が成立しました。
虐待を受けている児童の保護をよりしっかりするための改正です。

そのために、司法の関与を強化します。家庭裁判所が都道府県に対し保護者への指導を勧告すること、児童相談所長等が行う親権者の意に反し一定期間を超える一時保護について家庭裁判所の審査を導入することを進めます。

児童虐待は、ほとんどが家庭の中で行われ、なかなかスッキリした対応が難しいですが、粘り強く法整備をして、虐待ゼロをめざしていきます。

Return Top