石田まさひろ政策研究会

白書・報告書 | 石田まさひろ政策研究会

Category
【白書紹介シリーズ22-12】情報通信白書
20

【白書紹介シリーズ22-12】情報通信白書

情報通信白書は1973年から刊行され、今年で50年目となります。刊行が始まった1973年当時から現在までの推移をみると、情報通信技術(ICT)が高度化し、様々なサービスやビジネスが登場。ICTが社会・経済インフラとして不可欠なものとなっていることが分かります。ICTを取り巻く状況がどのように変化したかが紹介されています...
【白書紹介シリーズ22-11】地方財政白書
31

【白書紹介シリーズ22-11】地方財政白書

「地方財政法」に基づき、内閣が、地方財政の状況を明らかにして国会に報告するものであり、昭和28年以来毎年報告が行われており、今回で70回目となります。令和2年度の地方財政は、歳入は前年度と比べて26兆8,014億円増(26.0%増)の130兆472億円であり、歳出は前年度と比べて25兆7,567億円増(25.8%増)の...
【白書紹介シリーズ22-10】男女共同参画白書
33

【白書紹介シリーズ22-10】男女共同参画白書

人生100年時代を迎え、日本の家族と人々の人生の姿は多様化しています。男女共同参画を進めるに当たっては、多様化を念頭におき、誰ひとり取り残さない社会の実現を目指すとともに、長い人生の中で経済的困窮に陥ることなく、尊厳と誇りをもって人生を送ることができるよう、幅広い分野で制度・政策を点検し、見直していく必要があります。 ...
【白書紹介シリーズ22-09】交通安全白書
40

【白書紹介シリーズ22-09】交通安全白書

令和3年中の道路交通における交通事故死者数は2,636人と、現行の交通事故統計となった昭和23年以降で最少となりました。一方で、子供が犠牲となる痛ましい事故が発生するなど、通学路における交通安全を脅かす交通事故は、いまだ後を絶ちません。政府は「通 学路等における交通安全の確保及び飲酒運転の根絶に係る緊急対策」を策定し、...
【白書紹介シリーズ22-08】障害者白書
52

【白書紹介シリーズ22-08】障害者白書

障害者差別解消法は施行後3年を経過した場合に、事業者による合理的配慮の在り方や施行状況について見直しを行う旨が規定されています。これを受け、障害者差別解消法は、国及び地方公共団体の連携協力の責務の追加や、障害を理由とする差別を解消するための支援措置の強化等の改正が行われました。 https://www8.cao.go....
18歳意識調査「第49回 –防災・減災–」報告書
47

18歳意識調査「第49回 –防災・減災–」報告書

全国の17歳~19歳の男女計1,000人を対象に、防災・減災への考えに関する調査が行われました。災害の激甚化等について8割以上の人が不安を感じています。しかし、地域の指定避難所等を知らない人は過半数に及ぶなど、防災関連の制度・対策には一層の普及啓発が必要です。 https://www.nippon-foundation...
【白書紹介シリーズ22-07】高齢社会白書
54

【白書紹介シリーズ22-07】高齢社会白書

内閣府では高齢社会対策に関する調査を実施しており、令和3年度は高齢者の「生きがいを感じる程度」等について調査が行われ、報告されています。高齢者が様々な社会活動への参加の機会を得て、生きがいを感じられるような環境づくりが大切です。 https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-20...
生活困窮者及び被保護者に係る就労支援事業及び家計改善事業等の協働実施に向けた調査研究
65

生活困窮者及び被保護者に係る就労支援事業及び家計改善事業等の協働実施に向けた調査研究

生活保護制度の令和5年度の見直しに向け、就労支援事業や家計改善事業等の効果的・効率的な実施の検討が進められています。本報告書では、両事業の一体的実施に焦点を絞り、実際の支援現場での課題や一体的実施が進まない理由等が明らかにされています。 https://www.mhlw.go.jp/content/12200000/0...
【白書紹介シリーズ22-06】少子化社会対策白書
72

【白書紹介シリーズ22-06】少子化社会対策白書

世界全域の年少人口(0~14歳)割合は25.4%ですが、日本の総人口に占める年少人口の割合は11.9%と世界的にみても小さく、今後更に少子化が進むとされています。少子化対策の重点課題として、結婚・子育て世代が将来にわたる展望を描ける環境つくりと、多様化する子育て家庭の様々なニーズに応えることが挙げられています。 htt...
日常生活支援住居施設における個別支援計画の策定状況に関する調査
62

日常生活支援住居施設における個別支援計画の策定状況に関する調査

日常生活支援住居施設で提供される支援の質を担保することを目的に調査が行われました。同じ日常生活支援住居施設という法的位置づけの施設であっても、人員配置によって、対応している利用者像と提供されている支援内容が異なることが明らかになり、支援の「標準」を定める必要性が指摘されています。 https://www.mhlw.go...

国会クイズ

More
Return Top