石田まさひろ政策研究会

白書・報告書

Category
【報告書】グローバル結核レポート2020(英文)
15

【報告書】グローバル結核レポート2020(英文)

WHOが毎年発行しているレポート。2015年から2019年まで結核の発生率、死亡者は減少しているものの、2019年は世界中で約140万人が結核関連の病気で死亡。質の高いタイムリーな診断、予防、治療、ケアに公平にアクセスができないことが、依然として課題となっている。また、結核撲滅戦略政治宣言で目標とされている、年間130...
【報告書】宇宙利用の現在と未来に関する懇談会 報告書
47

【報告書】宇宙利用の現在と未来に関する懇談会 報告書

情報通信、気象観測、安全保障など宇宙空間を活用した技術は、私たちの暮らしに必要不可欠なものとなっている。その中で、「位置・時間」「通信・放送」「地球観測」の分野に視点を置き、20年~30年後の社会を予測し、宇宙利用の未来を予測している。ビジネスチャンスの場として宇宙開発は、すでに国際競争が激化しており、未来において宇宙...
【報告書】令和2年版 過労死等防止対策白書
44

【報告書】令和2年版 過労死等防止対策白書

  働き方改革が行われ、一人当たりの年間の労働時間は減少し、有給休暇の取得の推進、メンタルヘルスケア対策などが進められている。しかし、労災請求の件数は近年増え続けており、さらに、依然として過労死や勤務問題を原因とする自殺者は後を絶たない。誰もが、健康で生き生きと働けるため、更なる対策が必要だ。 令和2年10月...
【報告書】令和元年度「後発医薬品品質確保対策事業」 検査結果報告書
66

【報告書】令和元年度「後発医薬品品質確保対策事業」 検査結果報告書

厚生労働省では平成 20 年度より、市場に流通する後発医薬品を対象に溶出試験等の品質検査を実施し、その検査結果を定期的に公表している。卸売り販売を通じて入手した49品目の医薬品に関する結果が記載されている。 なお、今回からバイオ後続品が対象となった。 令和2年10月 厚生労働省 https://www.mhlw.go....
【報告書】令和2年度 支障除去等に対する支援に関する検討会 報告書
48

【報告書】令和2年度 支障除去等に対する支援に関する検討会 報告書

不法投棄などをした者が必要な措置を取らないため、自治体がその処理を止むを得ず行っており、その費用も負担している。そのため、平成10年に基金が設置され、国と社会貢献の観点から産業界からの協力を得て必要な資金が補われるようになった。年々減少傾向にはあるが、廃棄物などの不法投棄は後を絶たない。点検・評価を行い、今後の基金によ...
【報告書】令和元年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果
87

【報告書】令和元年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果

いじめ、不登校、自殺など、児童生徒の行動について、事態を正確に把握するための調査を行い、学校における諸課題の把握し、効果的な対策を講じるための調査。 認知されているだけで、暴力行為は、児童生徒1,000 人当たり6.1 件、いじめは1,000 人当たり46.5 件である。子どもたちが安心して学校に通えるための環境づくり...
【報告書】「今後の若年者雇用に関する研究会」報告書 ~コロナ禍を受けて社会・産業構造が変化する中での 若年者雇用の当面の在り方について~
48

【報告書】「今後の若年者雇用に関する研究会」報告書 ~コロナ禍を受けて社会・産業構造が変化する中での 若年者雇用の当...

少子化で若年労働力人口の減少する中、若年者雇用をめぐる現状と課題をもとに、推進すべき政策、今後の雇用施策の在り方が示されている。Withコロナ時代を見据え、若年者雇用にどのような影響を及ぼすかについても現時点で考えられる課題も盛り込まれている。 今後、労働政策審議会人材開発分科会において、この報告書を踏まえ、新たな青少...
【報告書】令和2年版 厚生労働白書-令和時代の社会保障と働き方を考える-
108

【報告書】令和2年版 厚生労働白書-令和時代の社会保障と働き方を考える-

今年の厚生労働白書が発行となった。第1章では、「令和時代の社会保障の働きかたを考える」がテーマに、第2章では「現下の政策課題への対応」が記載されている。日本の高齢者人口のピークを迎えるとされている2040年を見据え、安定した社会保障制度の維持のための対策、政策課題「子どもを産み育てやすい環境づくり」「働き方改革の推進な...
【報告書】消費者被害の防止や救済のための見守り事業に関する現況調査報告書
79

【報告書】消費者被害の防止や救済のための見守り事業に関する現況調査報告書

高齢者、障害者、認知症等により判断力が不十分となった方の被害を防ぐため、国では2015年に5万人以上の全都市において、地方公共団体、地域の関係者等が連盟して見守り活動を行う「消費者安全確保地域協議会」の設置を目指してきたが、設置率は2割程度にとどまっている。 被害に対する相談は消費者庁が把握しているだけでも、毎年20万...
【報告書】国立病院機構 臨床評価指標 Ver.4 2020
84

【報告書】国立病院機構 臨床評価指標 Ver.4 2020

国立病院機構に属するDPC対象病院(64病院)において、令和元年度に退院した患者を対象とし計測した結果をもとに、指標が公表されている。 なお、今回の指標は平成28年度に新たに構築された「国 立病院機構診療情報集積基盤」を活用し、検査値やバイタル情報が用いられている。 令和2年9月18日 独立行政法人 国立病院機構 ht...
Return Top