石田まさひろ政策研究会

白書・報告書

Category
2020年平均の労働力調査結果報告 
13

2020年平均の労働力調査結果報告 

2020年平均の正規職員・従業員数は前年と比較して35万人増加している。その一方、非正規の職員・従業員数は75万人減少している。11年ぶりの減少となった。新型コロナウイルスの影響で、雇用者の中でも非正規雇用に大きな影響が及んだといえる。 令和3年2月16日 総務省 https://www.stat.go.jp/data...
企業間専門人材派遣支援フォローアップ事業概要報告書
21

企業間専門人材派遣支援フォローアップ事業概要報告書

東日本大震災の被災地では、ハード面での復旧はピークを越えたが、人口減少等により、被災地の事業者らの人材確保が困難を極めており、産業復興の妨げになっていた。そのため復興庁では被災地企業と専門人材のマッチングする事業を実施した。3年間で87名の人材採用が定着に至ったが、引き人材確保に向けた継続的な支援が必要とされていること...
地方公共団体における業務継続性確保のための非常用電源に関する調査結果
27

地方公共団体における業務継続性確保のための非常用電源に関する調査結果

災害が多い日本において、有事の際に中心的な役割を果たす地方公共団体の庁舎における非常用電源整備について調査を行った。非常用電源の設置は、昨年度より23団体増えて1636団体となった。非常用電源の設置に加えて、稼働時間を延ばすことが今後の課題となっている https://www.soumu.go.jp/main_cont...
第64回 福利厚生費調査結果報告 2019年度
29

第64回 福利厚生費調査結果報告 2019年度

2019年に企業が負担した一人当たりの1か月の法定福利費は84,392円で、現金給与総額比率は15.4%と過去最高となっている。また、法定外福利は24,125円で、うち、医療・健康費用の割合は13.2%と、1963年以来の高い割合となっている。企業が福利厚生や健康投資に力を入れていることが伺える。 http://www...
薬局の利用に関する世論調査報告
53

薬局の利用に関する世論調査報告

薬局の利用について、内閣府が初めての世論調査を行った。内容は、薬局・薬剤師への相談内容や、かかりつけ薬剤師・薬局に求める役割についてなど。 平成28年にスタートした健康サポート薬局については、「知らなかった」が91.4%を占めており、まだ認知度は低い。気軽に健康相談のできる、健康サポート薬局の周知が必要である。 htt...
第5次男女共同参画基本計画~すべての女性が輝く令和の社会へ~
48

第5次男女共同参画基本計画~すべての女性が輝く令和の社会へ~

政府は、およそ17年前の2003年「指導的地位に女性が占める割合が、少なくとも30%程度とな るよう期待する」という目標を掲げた。現在、女性参画が進んでいる分野もある一方、全体と して「30%」に到達するとは言えない状況にある。2020年、あらゆる分野における女性参画拡 大、安心・安全な暮らし、仕組みの整備と意識改革な...
「情報通信機器の利活用に関する世論調査」概要
63

「情報通信機器の利活用に関する世論調査」概要

18歳以上の3,000人を対象に行った調査。スマートフォンやタブレットを使って利用したいサービスは、情報を閲覧できる検索サイトが最も多く70.9%に上った。65.1%の人は、機器の値段や通信料金が下がれば、スマートフォンやタブレットの利用が増えると考えている。 令和3年1月 内閣府 https://survey.gov...
「公共交通機関利用時の配慮に関する世論調査」概要
50

「公共交通機関利用時の配慮に関する世論調査」概要

18歳以上の3,000人を対象に行われた、公共交通機関を利用する際の配慮に関する調査。ベビーカーマークを見たことがなく、内容も知らなかった人が42.6%、心のバリアフリーについては、全く知らないと答えた人が、61.9%で最も多かった。 内閣府 令和3年1月 https://survey.gov-online.go.jp...
テレワークの労務管理等に関する実態調査(速報版)
64

テレワークの労務管理等に関する実態調査(速報版)

政府は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて「テレワーク」を推進している。2020年8月に厚生労働省は、「これからのテレワークでの働き方に関する検討会」を設置し、その中で「テレワークの労務管理等に関する 実態調査」を実施した。在宅勤務を導入して生じた効果として、従業員の通勤負担の軽減、人件費の削減、紙や印刷コストの削減が...
令和2年度 消防白書
61

令和2年度 消防白書

令和2年は多くの自然災害に加え新型コロナの影響により、多くの人的被害、物質的被害が生じた。救急業務を担う消防活動では、保健所などの関係機関と連携し新型コロナ対策の活動も行われた。特集では、地域における防災の中核的役割を担う消防団について、Society5.0時代におるAI等の活用が示されている。 令和2年12月25日 ...
Return Top