石田まさひろ政策研究会

 

白書・報告書 | 石田まさひろ政策研究会

Category
こどもの自殺の多角的な要因分析に関する調査研究報告書
16

こどもの自殺の多角的な要因分析に関する調査研究報告書

警察や学校等の自殺統計を集約・分析し、EBPM(Evidence-Based Policy Making、政策の立案や実施に際して、科学的な証拠を基にして意思決定を行う手法)の視点から、こどもの自殺実態解明と課題の把握を目的に調査が行われ、その結果が取りまとめられました。 出典:一般社団法人いのち支える自殺対策推進セン...
消費生活の未来に関する調査報告書
45

消費生活の未来に関する調査報告書

消費者に係る新たな課題の解決に向けた消費者行政の発展・創造及び発信・交流の新たな拠点として、新未来創造戦略本部を設置し、先進的なモデルプロジェクトの実施や調査研究等が取り組まれています。新未来創造戦略本部は「新未来ビジョン・フォーラム」を立ち上げ、消費生活の未来に関する予想に係る考察を各方面から収集・整理し、中長期的に...
高等専門学校卒業者のキャリアパス等に関する調査研究報告書
46

高等専門学校卒業者のキャリアパス等に関する調査研究報告書

高等専門学校(高専)は5年一貫教育で技術者を養成してきましたが、近年、大学への編入を希望する学生が増加しています。高専卒業者は専門的能力を評価されていますが、就職時の初任給は大卒者より低い傾向にあり、その原因として学位取得ができないことが考えられています。高等教育行政における高専の各種施策を講じるに当たり、高専生のキャ...
「大学医学部における研究医養成の効果検証のための調査研究」報告書
42

「大学医学部における研究医養成の効果検証のための調査研究」報告書

日本における医学分野での国際的な論文数減少や基礎研究医不足等が課題となっています。文部科学省は平成22年度以降、医学部に臨時の研究医枠を設けましたが、研究医志望者の確保や効果検証に難渋しており、また、医師の労働時間規制が強化され、研究時間の確保が重要課題となっています。そこで、研究医枠の実態把握と施策検討のため、調査が...
女性活躍に関する調査報告書
52

女性活躍に関する調査報告書

平成27年に制定された女性活躍推進法の浸透状況と課題を明らかにすることを目的に、全国の企業を対象に調査が行われました。この調査結果等を踏まえ、引き続き、女性の職業生活における活躍の推進に向けた施策が実施されていきます。 出典:厚生労働省雇用環境・均等局雇用機会均等課 令和6年5月17日 https://www.mhlw...
職場のハラスメントに関する実態調査報告書
82

職場のハラスメントに関する実態調査報告書

近年、カスタマーハラスメントや就職活動中の学生に対するセクハラが社会問題化する等、ハラスメント対策に取り組む企業やハラスメントを受けている労働者の状況が変化しており、今後の諸施策への反映を目的に、企業におけるハラスメントの発生状況や企業の対策の進捗、労働者の意識等の実態調査が行われました。 出典:厚生労働省雇用環境・均...
創薬力の強化・安定供給の確保等のための薬事規制のあり方に関する検討会報告書
96

創薬力の強化・安定供給の確保等のための薬事規制のあり方に関する検討会報告書

日本の医薬品産業における課題である医薬品の安定供給や創薬力の強化、ドラッグ・ラグ/ドラッグ・ロス等の解決に向けて、主に薬事規制に関係する事項を中心に具体的な対応策が検討されました。 出典;厚生労働省医薬局医薬品審査管理課 令和6年4月24日 https://www.mhlw.go.jp/content/11121000...
公的年金財政状況報告-令和4(2022)年度
91

公的年金財政状況報告-令和4(2022)年度

公的年金財政状況報告は、公的年金の財政状況について、専門的な観点から横断的に分析・評価を行った結果を取りまとめものです。令和4年度の公的年金制度全体の収入総額は54.6兆円、支出総額は53.7兆円であり、運用損益は3.5兆円のプラスとなっています。 出典:厚生労働省年金局総務課首席年金数理官室 令和6年3月22日 ht...
入院中のこどもへの家族等の付添いに関する病院実態調査
72

入院中のこどもへの家族等の付添いに関する病院実態調査

小児の入院医療機関を対象に、入院中のこどもへの家族等の付添いについて、付添い時の家族等への食事や睡眠等に関する医療機関の取組状況や課題等について調査が行われ、付添い環境の改善を目的に報告書が作成されました。 出典:株式会社野村総合研究所 令和6年4月12日 https://www.nri.com/-/media/Cor...
18歳意識調査「第62回-国や社会に対する意識(6カ国調査)-」
98

18歳意識調査「第62回-国や社会に対する意識(6カ国調査)-」

日本・アメリカ・イギリス・中国・韓国・インドの若者各1000人(17~19歳)を対象に「国や社会に対する意識」について調査が行われました。日本の若者のうち、国の将来が「良くなる」と回答した人は15%、自身の将来について「夢を持っている」と回答した人は60%であり、いずれも6カ国中最下位となっています。 出典:日本財団 ...

国会クイズ

More
Return Top