石田まさひろ政策研究会

白書・報告書 | 石田まさひろ政策研究会

Category
多様な人材の活用促進に向けた事業所の採用活動の展開についての調査研究事業 報告書
19

多様な人材の活用促進に向けた事業所の採用活動の展開についての調査研究事業 報告書

福祉・介護の現場では、人材の確保や生産性の向上が喫緊の課題となっており、人材確保のための様々な施策が図られていますが、以前厳しい状況が続いています。各事業所において、多様な人材を受け入れ活躍してもらうための、環境整備、人材の確保に関するヒントがまとめられた報告書となっています。 令和3年3月 社会福祉法人 全国社会福祉...
犯罪収益移転防止に関する 年次報告 
18

犯罪収益移転防止に関する 年次報告 

マネー・ローンダリングは、一国のみが規制を強化しても、より規制の緩やかな国を抜け道として行われるため、対策には国際的な協調が不可欠とされています。 世界ではテロ組織の資金供与に、わが国では主に暴力団、特殊詐欺グループなど、犯罪との繋がりがみられます。我が国におけるマネー・ローンダリングの実態とその対策等について報告され...
読書バリアフリー環境に向けた電子書籍市場の拡大等に関する調査報告書
26

読書バリアフリー環境に向けた電子書籍市場の拡大等に関する調査報告書

電子書籍の市場は急成長を続けており、令和元年の市場は前年比で23.9%増加し、3,072億円となりました。電子書籍は、音声で聞いたり文字を拡大できるなど、バリアフリーのメリットがあります。しかし、コミックや文庫の電子化が進む一方、児童書や語学・学習では、採算性やデータの複製や改ざんへの懸念があり進んでおらず、ジャンルに...
熱中症予防対策に資する効果的な情報発信に関する検討会 報告書
45

熱中症予防対策に資する効果的な情報発信に関する検討会 報告書

近年の気温上昇に伴い、熱中症による死亡者は多い年で1,700人を超えています。適切な予防行動をとれば熱中症は防げることから、気象庁では高温注意情報など発信し、注意を呼び掛けています。しかし、救急搬送や死亡者は増加傾向にあり、国民への注意喚起を強化するために、命に係わる熱中症の正しい予防策の効果的な発信をまとめています。...
これからの高等学校施設の在り方について ~特色・魅力ある教育と生徒の多様な学びを支える環境づくりを目指して~
52

これからの高等学校施設の在り方について ~特色・魅力ある教育と生徒の多様な学びを支える環境づくりを目指して~

情報化や国際化などに対応した教育の在り方や、新型コロナウイルス感染症の影響による社会システムの急激な変化など、高等学校を取り巻く環境は大きく変化しています。時代に応じた、これからの高等学校教育を行うための施設として、また公共施設として防災や災害を踏まえ、高等学校の設備の在り方をまとめた報告書となっています。  ...
令和2年労働災害発生状況の分析等報告
54

令和2年労働災害発生状況の分析等報告

労災防止対策が進み令和2年度の労災死亡者数は802名で、3年連続で過去最少となり、802人でした。 しかし一方で、死傷者が増加する業種もあり、社会福祉施設は、平成29年には8,738名でしたが、令和2年は13,267名で51.8%も増加しました。 それぞれの業種に応じた、労災防止対策が必要です。 https://www...
2020年度 訪問看護を提供する医療機関と訪問看護ステーションの連携に関する委託事業実施報告書
109

2020年度 訪問看護を提供する医療機関と訪問看護ステーションの連携に関する委託事業実施報告書

日本看護協会では「日本看護協会が提案する訪問看護師倍増策」を策定・公表しており、具体的方策の 1 つとして、医療機関からの訪問看護の推進を掲げている。医療機関併設の強みや専門性を活かし、医療機関と地域の 訪問看護ステーションが効果的に連携し、利用者のニーズに応えられる体制構築を推進することを目指し、試行事業の委託先を募...
ドナー家族への意識調査 『臓器提供に関するアンケート調査』 集計結果報告
56

ドナー家族への意識調査 『臓器提供に関するアンケート調査』 集計結果報告

公益社団法人 日本臓器移植ネットワークがドナー家族に対して行った意識調査。臓器を提供したことを、“良かった”・“やや思う”答えた割合は87%に上り、良かったと思う割合は高かった。理由としては、“誰かの役に立てると思った”が最も多かった。 複雑な思いを抱えながらも、臓器提供を行った家族の思いが表れている調査結果となってい...
令和2年度 SDGsに関する全国アンケート 調査結果
101

令和2年度 SDGsに関する全国アンケート 調査結果

全国1788の自治体を対象に、SDGsの取り組みを把握するために行われた調査。“存在を知らない”・“聞いたことがあるもしくはロゴを見たことがある”と回答した自治体は、2.6%であった。また、全く関心がない・あまり関心がないは7.7%であった。社会全体が取り組んでいる中、全ての自治体が関心を持ち理解するのは、責務である。...
看護業務効率化先進事例集・周知事業報告書
68

看護業務効率化先進事例集・周知事業報告書

チーム医療のキーパーソンである看護職が、多職種連携等において専門性を発揮しながら看護教務効率化への取り組みを推進するため、看護業務の効率化に関して優れた取り組みを行っている病院などを表彰し、普及する事業の報告書。他の医療機関でも実施できるよう、具体的な事例を紹介するとともに、成果・今後の課題も記載されている これらの事...
Return Top