石田まさひろ政策研究会

政策資料集

Category
【政策資料集】無電柱化による安全で快適な空間の確保
1

【政策資料集】無電柱化による安全で快適な空間の確保

無電柱化について、東京23区が8%、大阪市では6%と他国の主要都市に比べ大きく遅れています。道路の防災性の向上や良好な景観形成の観点でも重要なため、早急に進める必要があります。 国土交通省 令和元年 11 月 21日 社会資本整備審議会 計画部会
【政策資料集】国土条件の違いによる工事コスト増
9

【政策資料集】国土条件の違いによる工事コスト増

日本は細長い国土で、海峡と山脈により分断されていることから、道路整備を行う際に橋やトンネルの構造物の比率が高くなり、コストが増す傾向にあります。また欧米諸国に比べ地震対策なども必要なため、道路を作る際には長期間使用できるものをしっかりと作る必要があります。 国土交通省 令和元年 11 月 21日 社会資本整備審議会 計...
【政策資料集】特殊詐欺の交付形態別認知推移 
24

【政策資料集】特殊詐欺の交付形態別認知推移 

特殊詐欺の方法は様々ですが、近年では警察官等になりすました犯人が、言葉巧みに被 害者からキャッシュカードをだまし取り、預貯金を引き出してしまう 「キャッシュカード手交型」の件数が急増しています。 被害者を増やさないよう、被害内容を周知していくことが必要です。 金融庁 令和元年9月25日 第42回金融審議会総会・第30回...
【政策資料集】社会資本の老朽化の現状
30

【政策資料集】社会資本の老朽化の現状

2033年には建設後50年以上経過する橋やトンネルの割合が大幅に上昇します。点検を欠かさないとともに、地域によって今後必要なインフラを改めて見直す必要もあります。 国土交通省 令和元年 11 月 21日 社会資本整備審議会 計画部会
【政策資料集】1人あたりの年間外来受診回数
70

【政策資料集】1人あたりの年間外来受診回数

日本の外来受診回数は国民1人あたり年12.6回となっており、OECD(経済協力開発機構)加盟国平均の年6,8回を大きく上回っています。過剰な受診は医療費の増大にもつながるため、国民一人一人が医療に対する知識を身に着け、必要な時に外来を受診するようにしたいです。 財務省 令和元年 11 月 1日 財政制度等審議会 財政制...
【政策資料集】研究者の負担軽減
32

【政策資料集】研究者の負担軽減

研究者が成果を出す上で負担となっているのが学内会議への参加などの大学運営業務だと答えた研究者は約48%と最も多い結果となっています。研究者が研究に集中できるように、運営方法全体の見直しを大学側は考えなければなりません。 財務省 令和元年 11 月 1日 財政制度等審議会 財政制度分科会
【政策資料集】競技力向上事業におけるガバナンス評価
33

【政策資料集】競技力向上事業におけるガバナンス評価

スポーツ事業はオリンピック東京大会に向け、経常収益が年々増しています。その一方でアマチュアボクシングの判定への不当介入や体操のパワハラ問題など、近年スポーツ団体では不祥事が起きており、各団体の取組の透明化や具体的な評価基準の設定などを進めていく必要があります。 財務省 令和元年 11 月 1日 財政制度等審議会 財政制...
【政策資料集】携帯電話使用等に係る交通事故件数
40

【政策資料集】携帯電話使用等に係る交通事故件数

スマートフォン等の普及に伴い、携帯電話使用中(画像目的使用)の交通事故は10年間で3倍以上増加しています。 12月から罰則も強化され、事故防止に向け一層の注意喚起が必要です。 警察庁 平成31年2月14日 平成30年における交通死亡事故の特徴等について
【政策資料集】シートベルト着用状況(後部座席)に係る分析
41

【政策資料集】シートベルト着用状況(後部座席)に係る分析

後部座席で同乗中にシートベルトを着用していなかった場合、高速道路では約9.2倍、一般道でも約3.5倍致死率が増加しています。事故の死傷者を減らすために、シートベルトの有効性を周知し続けていく必要があります。 警察庁 平成31年2月14日 平成30年における交通死亡事故の特徴等について
【政策資料集】飲酒事故の死亡事故率比較
36

【政策資料集】飲酒事故の死亡事故率比較

飲酒がない場合と飲酒があった場合を比較すると、死亡事故率は8.3倍にもなります。交通事故による被害者を減らすために、飲酒運転を根絶する取り組みを、社会全体で続けていく必要があります。 警察庁 平成31年2月14日 平成30年における交通死亡事故の特徴等について
Return Top