石田まさひろ政策研究会

データ解説 | 石田まさひろ政策研究会

Category
全国の宿泊者数
5

全国の宿泊者数

コロナ禍において非常に厳しい宿泊業界。2019年の同週と宿泊者の分類別に比較したもの。 宿泊者数増加の後に、感染者数も増加するという、状況が続いている。 また、2019年比でみると2021年は大きく減少しているが、そのなかでも一人宿泊の減少が最も低い傾向にある。   出典:内閣府 地方創生推進室 ビッグデータ...
病院に対する全体的な満足度の年次推移
17

病院に対する全体的な満足度の年次推移

入院に対する満足度は、平成8年度から増加傾向にあり、7割近くが満足をしている。 限られたマンパワーの中、医療者の地道な努力が評価に繋がっている。 出典:厚生労働省 令和2(2020)年受療行動調査(概数)の概況 令和3年9月13日
高齢者の現在の健康状況(国際比較)
17

高齢者の現在の健康状況(国際比較)

5年に一度行っている高齢者の生活と意識に関する4か国の男女別国際比較。 “健康である”が最も高いのはアメリカの男性で75%を超えて、最も低いドイツの男性の31%の倍以上となっている。また、“病気がちで、寝込むことがある”“病気で、一日中、寝込んでいる”はドイツの女性が最も多く7.5%、アメリカの男性が2.7%。アメリの...
変革を主導するリーダーに重要なスキルや資質
25

変革を主導するリーダーに重要なスキルや資質

“イノベーティブな思考”“実行力”が上位を占める中、アメリカの1位は“クリティカル・シンキングスキル”で、他国とは異なっている。 革新的であることより、「なぜ?」「本当に?」と考える批判的思考が、アメリカのリーダーでは重要視されている。 出典:公益財団法人 日本生産性本部 世界経営幹部意識調査「コロナ禍からの回復に向け...
入院患者の今後の治療・療養の希望の年次推移
26

入院患者の今後の治療・療養の希望の年次推移

平成17年と比べ“完治するまでこの病院に入院していたい”とする患者の希望は減少傾向にある一方、“自宅で医師や看護師などの定期的な訪問を受けて治療・療養したい”は倍近く増えている。治療や療養は、自宅で行いたい人が増えている。     出典:厚生労働省  令和2(2020)年受療行動調査(概数)の概況 ...
病院の種類別にみた外来患者の診療などまでの待ち時間
27

病院の種類別にみた外来患者の診療などまでの待ち時間

診療まで待ち時間を見ると、30分未満での受診はどの規模においても半数程度となっている。どの規模においても1/4程度が1時間以上となっており3時間以上かかる場合もある。外来患者の待ち時間は、医療現場の課題のひとつである。 出典:厚生労働省 令和2(2020)年受療行動調査(概数)の概況 令和3年9月13日  
全国の滞在人口の動向
28

全国の滞在人口の動向

コロナ禍において、各都道府県の代表的観測地点で、人の動向の変化を週単位で2019年と 比較したもの。 感染状況と合わせてみると、都道府県外の移動が増加すると追うように感染者が拡大し、移 動が減少すると同様に感染者数が減少傾向にあることが、データにより示されている。 出典:内閣府 地方創生推進室 ビッグデータチーム V-...
2021年に企業が重点的に取り組む経営課題
27

2021年に企業が重点的に取り組む経営課題

他国と日本のCEO以外では“デジタル・トランスメーションの加速”が1位となっているが、日本のCEOは“イノベーション促進”が1位となっている。 日本ではCEO以外の人の方が、世界のCEOと最も重要視する点が同じ結果となっている。   出典:公益財団法人 日本生産性本部 世界経営幹部意識調査「コロナ禍からの回復...
全国の飲食店情報の閲覧数
36

全国の飲食店情報の閲覧数

コロナ禍において非常に厳しい日が続いている飲食業界。飲食店の情報閲覧数を2019年の同週と比較すると、いずも大きく下回っている中が、ファミレス・ファーストフードは比較的減少幅が低くなっている。一方、酒屋・バー、鍋料理の検索は最も多く減少している。 出典:内閣府 地方創生推進室 ビッグデータチーム V-RESAS 令和2...
SNSにおける被害児童数の推移
47

SNSにおける被害児童数の推移

SNSにおける被害が子供たちにも広がっています。児童ポルノや児童買春も多く、ネット上での子供たちを守るしくみが十分に機能しているとは思えません。さらに対応を強めていく必要があります。 出典:文部科学省中央教育審議会初等中等教育分科会学校安全部会 資料  
Return Top