石田まさひろ政策研究会

データ解説 | 石田まさひろ政策研究会

Category
一学級当たり児童生徒数の国際比較
4

一学級当たり児童生徒数の国際比較

OECDの調べによる一学級当たりの児童生徒数は、初等教育で21.0人、前期中等教育は23.2人に対し、日本は初等教育27.2人、前期中等教育は32.1人となっており、平均を大きく超えています。 特に、前期中等教育は30か国中、ダントツで最も多くなっています。世界基準と照らし合わせ令和時代にマッチした教育の在り方が必要で...
大学における相手先別の共同研究費受入額の推移
21

大学における相手先別の共同研究費受入額の推移

産学官の連携が様々な分野で推進され、大学における共同研究費は年々増加しています。その内訳をみると、8割以上が民間企業が占め、民間がけん引しているのがわかります。一方地方公共団体の占める割合は、減少傾向にあります。 社会が大きく変化しイノベーションを推進していくうえで、国際的競争力の高い研究を行うための研究費についての検...
子どもの日常生活で気になることや悩みの世代間比較
23

子どもの日常生活で気になることや悩みの世代間比較

親が気にあることや悩みは、平成13年出生児と平成22年出生児では、「テレビを見たりゲームをする時間が長い」が34.4%から58%、「身体を動かして遊ぶことが少ない」が23.1%から35.1%と、10%以上増加しています。 身体を動かすことは、たくさんの刺激が脳に伝わり、発達期における子どもに良い影響を与えます。体を動か...
サブスクリプションサービスを利用する理由
64

サブスクリプションサービスを利用する理由

近年、サブスクリプションのブームにより、サービスの内容は多様化しています。 利用理由として、50%以上の人が「多くの商品・サービスを利用できる」「安価に利用できる」と答えています。 モノを所有する、という従来の考えから、必要なときに利用する、という流れに変化しています。 令和2年12月 消費者庁 サブスクリプションサー...
障がい者の雇用状況
58

障がい者の雇用状況

障がい者の雇用者数は2019年に56.1万人、実雇用率2.11%になりました。着実に増加しています。 とはいえ、法定雇用率から計算した雇用者数と比較すると達成していない状況です。さらなる雇用推進が必要です。 2020年11月6日 第1回障害者雇用・福祉施策の連携強化に関する検討会
年齢3区分別人口の割合の推移
74

年齢3区分別人口の割合の推移

年齢を15歳未満、15~64歳、65歳以上の3つに区分した人口割合の推移。 1960年は15歳未満が35.5%でしたが、年々減少し今年の4月1日現在では、12%を下回っています。 少子化対策を推進しているが、まだまだ不十分です。   令和3年5月 総務省 統計局
Return Top