石田まさひろ政策研究会

政策資料集

Category
【政策資料集】医師が業務に費やす時間の割合
36

【政策資料集】医師が業務に費やす時間の割合

ある一日の医師の業務内容を分析すると、20%は他職種でも可能な業務がありました。 医師の負担を軽減するために、役割分担の検討も必要です。 出典:厚生労働省 29年8月2日 第一回医師の働き方改革に関する検討会 https://goo.gl/tqJNBs
【政策資料集】医師の受給推計について
35

【政策資料集】医師の受給推計について

週55時間の労働時間とした場合(ケース1)、現状医師は4万人不足しており、2033年頃まで人員不足が続く見込みとなっています。 医師の負担を減らすための仕組みが必要です。 出典:厚生労働省 2019年1月11日 第16回医師の働き方改革に関する検討会 https://goo.gl/kqXKCJ
保育所等の現状
63

保育所等の現状

待機児童は未だ約2万人を数える一方、保育士は全体数の約1/3しか勤務していません。 保育士が就労しやすい仕組みの整備が求められています。 出典:平成30年10月9日 財務省 財政制度分科会 https://goo.gl/L9ekUW
年金の繰り下げ受給
82

年金の繰り下げ受給

年金の繰り下げ受給を7%が希望している一方、実際の繰り下げ率は概ね1%と大きく下回っています。 年金増額メリットも含め、充分な周知を行うことが必要です。 出典:平成30年12月12日 経済産業省 第10回新事業創出WG https://goo.gl/ehjU8S
高齢者は多様な勤務形態を希望
70

高齢者は多様な勤務形態を希望

高齢者が希望する勤務形態は多様であり、男女でも傾向に差があります。 希望に応じた働き方を作っていくことで、高齢者就業が進む可能性があります。 出典:平成30年12月12日 経済産業省 第10回新事業創出WG https://goo.gl/ehjU8S
高齢者就労と医療福祉業界
86

高齢者就労と医療福祉業界

人手不足が深刻化する中、医療福祉業界における高齢者就労は進んでいません。 医療福祉業界への就職支援が必要です。 出典:平成30年12月12日 経済産業省 第10回新事業創出WG https://goo.gl/ehjU8S
潜在的な高齢者就労の可能性
78

潜在的な高齢者就労の可能性

健康状態から分析すると、高齢者就業率は上昇の余地があります。 人手不足を解消するためにも、高齢者の就職を支援する仕組みの整備が必要です。 出典:平成30年12月12日 経済産業省 第10回新事業創出WG https://goo.gl/ehjU8S
公財政教育⽀出の対GDP⽐支出
69

公財政教育⽀出の対GDP⽐支出

⽇本の公財政教育⽀出は、対GDP⽐で、OECD諸国の中で低いとの指摘があります。日本の教育のための予算を増やすべきです。ところが、日本は子供の割合が少ないので子供一人当たりでみると、むしろ多いほうになります。 いろんな議論がありますが、全体をみて論じないと正しい結論を得られなくなります。 https://www.mas...
Return Top