石田まさひろ政策研究会

【第203回臨時国会 法案解説シリーズ06】労働者協同組合法案

【第203回臨時国会 法案解説シリーズ06】労働者協同組合法案
自ら出資し、自ら労働し、地域の多様なニーズを守ろうという人が増えています。人口減少の中で重要な取り組みです。しかし、既存の法律ではその活動を支える組織がなく、新たに作る必要が生じました。
労働者協同組合は、新たにできる組合で、組合員が出資し、それぞれの意見を反映した組合事業が行われ、杭愛飲自らが事業に従事することを基本原理とします。
併せて、営利目的の事業の禁止、特定の政党のための利用の禁止、行政の認可を必要とせず要件を満たせば法人格が付与させる準則主義の適用等を規定しています。
Return Top