石田まさひろ政策研究会

 

2023/12

Month
【白書紹介シリーズ23-31】経済財政白書
222

【白書紹介シリーズ23-31】経済財政白書

子どもが1人いる世帯では平均で月に約3万円、2人いる世帯では約3.3万円、3人いる世帯では約5.1万円、4人以上いる世帯では約6.2万円と、子どもの数が増えると世帯消費も増加する傾向があります。しかし、子どもの数が2倍になっても世帯消費が2倍になるわけではなく、子育て費用には規模の経済性が働いている可能性が考えられます...
18歳意識調査「第59回-万博・処理水・違法行為-」
201

18歳意識調査「第59回-万博・処理水・違法行為-」

18歳の男女を対象に「万博・処理水・違法行為」に対する意識調査が行われました。大阪万博に対して7割近くが賛成、処理水放出には6割が賛成しています。また、違法薬物に関して、8割が身近に感じていない一方で、7.3%が使用や所持を経験しています。 出典:日本財団 令和5年11月21日 https://www.nippon-f...
施設種類別の看護職求人倍率
255

施設種類別の看護職求人倍率

看護職の求人倍率を施設別にみると、訪問看護ステーションが最も高く3.88倍となっています。次いで、20~199床の病院が2.30倍となっています。 出典:公益社団法人日本看護協会「「ナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人・就職に関する分析 結果」 令和5年11月14日
【白書紹介シリーズ23-30】防衛白書
246

【白書紹介シリーズ23-30】防衛白書

日本の防衛上、必要な機能・能力として、7つの柱を重視して、防衛力の抜本的強化が図られています。特に、今後5年間の最優先課題として、現有装備品を最大限有効に活用するため、可動率向上や弾薬・燃料の確保、主要な防衛施設への投資の加速、スタンド・オフ防衛能力、無人アセット防衛能力などの将来の中核となる能力が強化されます。 ht...
令和5年度「化学物質管理に係る専門家検討会」中間取りまとめ
241

令和5年度「化学物質管理に係る専門家検討会」中間取りまとめ

2022年5月に公布された改正労働安全衛生規則等による新たな化学物質規制を円滑に施行するため、個人ばく露測定に係る測定精度を担保するための方策が取りまとめられました。今後、法令や指針に反映して周知を図り、化学物質による健康障害防止対策のより一層の充実が図られます。。 出典;厚生労働省労働基準局安全衛生部 令和5年11月...
看護職求職者の求職時の就業状況
247

看護職求職者の求職時の就業状況

看護職求職者が求職した際の就業状況は、全体の52.3%が「未就業または看護職以外で就業中」、いわゆる潜在看護師でした。この割合を年代別にみると、60歳以上が最も多く60.1%であり、次いで35~39歳の54.4%でした。 出典:公益社団法人日本看護協会「「ナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人・就職に関する...

国会クイズ

More
Return Top