石田まさひろ政策研究会

5月12日は「看護の日」

今日、5月12日は「看護の日」です。

新型コロナウイルスへの対応で最前線で闘う看護師にぜひエールを送ってください。「看護の日」はケアの心、助け合いの心を、私たち一人一人が分かち合う日です。

制定されたのは1990年。5月12日は近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日です。世界的には1965年から国際看護師協会(本部:ジュネーブ)が「国際看護師の日」に定めている日でもあります。

日本看護協会は、毎年看護の日に見開きで新聞広告を出しています。今年はこんな広告になりました。
毎年募集・審査している「忘れられない看護エピソード」も載っています。感動しますよ。

イベントはコロナ渦の中でほとんどが中止。残念です。例年ですと各地の病院で「ふれあい看護体験」として子供たちに病院等で看護師の体験をしてもらっています。この体験をきっかけに看護師を目指す子供たちもたくさんいます。

実は、今年はただの看護の日ではありません。ナイチンゲールが生まれて200年なんです。そこで「Nursing Now(ナーシング・ナウ)」キャンペーンも世界中で同時に行われています。Nursing Nowは、看護職への関心を深め、地位を向上することを目的とした世界的なキャンペーンです。
https://www.nurse.or.jp/nursing/practice/nursing_now/index.html

看護職が持つ可能性を最大限に発揮し、看護職が健康課題への取り組みの中心に立ち、人々の健康向上に貢献するために行動できるよう、取り組んでいきます。偶然ですが、世界的に新型コロナウイルスが広がりました。まさに今、看護が人々をそして社会を守っています。

Return Top