石田まさひろ政策研究会

就労時間の減少と余暇の増大

テレワークが進み変化したことは、就労時間が減ったことと余暇や家事が増えたこと。

ある意味、働き方改革でめざしている姿が進んだともいえます。

 令和2年7月30日(木) 日本経済再生本部

未来投資会議

労時間の減少と余暇の増大のサムネイル

 

Return Top