石田まさひろ政策研究会

人生100年時代の看護職キャリア継続支援ツール作成事業

看護職はライフイベントによりキャリア中断・再開が多く、また定年前後世代のプラチナナースも含めキャリア継続の支援も必要。つまり、生涯かけて自分のキャリアを把握しながら継続的に腕を磨き続けることが必要。

そこで、来年度の新規事業として、看護職の生涯にわたる継続的なキャリア形成をサポートするツールをつくり、いずれ看護職の自己形成、転職や再就職などに活用してもらいます。統一ツールを作ることによってキャリアの可視化も進めます。

詳しくは↓

私も12月10日の厚生労働委員会での質問で、休業中であっても看護職が技術や知識のアップデートをし感染症や災害のときに迅速に復帰できる体制を作る必要があることを訴えました。そのために、一人一人がどのようなキャリアを積んできたか、また積んでいったらいいかを把握するツールがあればよいです。この事業は、このことにつながると思います。

Return Top