石田まさひろ政策研究会

精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築に係る検討会  報告書

平成29年に、精神疾患を有する患者数が約420万人となり、誰にも身近な疾患であるといえる。地域精神保健医療福祉においては、入院医療中心から地域生活中心の理念の基、様々な施策を行ってきた。そのうち精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築推進の基本的な考え方として、地域共生社会を実現するための仕組みであること、重層的な連携による支援体制の構築が適切であることを挙げている。

https://www.mhlw.go.jp/content/12201000/000755200.pdf

令和3年3月18日

厚生労働省 精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築に係る検討会

Return Top