石田まさひろ政策研究会

共生社会におけるトイレの環境整備に関する調査研究報告

多機能トイレの利用集中を解消するため、トイレの機能分散の推進や利用マナー啓発を行ってきた。その後、トイレの整備状況やバリアフリー化の進展により高齢者、障害者、乳幼児連れの方等の外出機会が増加した。多様な利用者に配慮したトイレ整備に求められることとして、利用者特性や介助者のニーズに応える機能や設備、利用者が必要とする設備・機能の有無・位置に関する情報提供等が必要であるとしている。

https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/content/001391847.pdf

令和3年3月12日

国土交通省

Return Top