石田まさひろ政策研究会

【第204回通常国会法案解説シリーズ19】消費者被害の防止及びその回復の促進を図るための特定商取引に関する法律等の一部を改正する法律案

預託販売の悪質取引や詐欺的な定期購入等、消費者の脆弱性につけ込む商法に対する抜本的な対策強化を図ります。

・定期購入であるにもかかわらず、そうでないと誤認させる表示をする通販の詐欺的な商法に対し、申し込みの取り消しをでききるようにする等

・勝手に送り付けた商品を消費者が直ちに処分することを可能とする等

・預託販売を原則禁止し、すべての物品を対象にその範囲も広げる等

あわせて、文書で行うことになっているクーリングオフの通知をメールなどでも可能とし簡便化も進めます。

Return Top