石田まさひろ政策研究会

【第204回通常国会法案解説シリーズ22】取引デジタルプラットフォームを利用する消費者の利益の保護に関する法律案

オンラインモールに出店している会社から商品を買ったが不良品だったとき、損害請求をしても出店会社と連絡がとれなかったり、対応が十分でないということが起きています。

消費者が安心してオンラインモールを利用できるように、取引デジタルプラットフォーム企業に、販売業者と消費者の間の円滑な連絡を可能とする措置や、必要な調査や情報提供を行うことの努力義務を課すことで、消費者の保護を図ろうという新法です。

世界各国でも課題となっており、いろいろな対応方法が検討されています。今後さらなる検討、充実の必要性が見込まれることから、3年後の見直しも規定されています。

Return Top