石田まさひろ政策研究会

満足度・生活の質に関する調査報告書 2021  ~我が国の Well-being の動向~

この調査はwell-being(身体的・精神的・社会的に良好な状態にあることを意味する概念)の、代表的な指標の一つ“生活満足度”をはじめ、“社会とのつながり”など13分野の調査を行って。コロナ禍において大きく変わった日常における、満足度の変化を分析している。

興味深いところでは、15歳から39歳の若年齢層では、32%は満足度が低下した一方、30.9%は上昇し、満足度に開きが生じた結果となっている。

 

内閣府 政策統括官(経済社会システム担当)

令和3年9月

 

https://www5.cao.go.jp/keizai2/manzoku/pdf/report05.pdf

Return Top