石田まさひろ政策研究会

保育士として就業を希望しない理由

保育士として就業を希望しない理由

保育士の資格を持つ人が、保育士として就業しない理由として、もっとも多く挙げられたのは、「賃金が希望と合わない」の47.5%で、約半数を締めました。また「責任の重さ・事故へ不安」も40%と高くっています。

命を預かる仕事に対し、見合った賃金にする必要があります。

 

出典:厚生労働省 地域における保育所・保育士等の在り方に関する検討会

令和3年12月3日

 

 

 

 

Return Top