石田まさひろ政策研究会

コロナ禍における児童生徒の自殺

コロナ禍において児童の自殺数は増加傾向にあり、令和2年は前年度を100名上回っています。令和3年も上半期は近年では最多となっており、コロナ禍における児童のメンタルの不調を周囲の素早い察知が重要です。

出典:厚生労働省 第5回自殺総合対策の推進に関する有識者会議

令和3年12月16日

 

 

 

 

 

 

 

Return Top