石田まさひろ政策研究会

家計改善支援事業の現状(利用者の特性)

令和2年に生活改善支援事業を新規に受けた利用者の特性を見ると、「経済的困窮」が突出してしています。しかし、2位は「家計管理の課題」となっており、管理が適切に行えない人が困窮する現状があります。自立した生活を行うために、適切な家計の管理が重要です。

出典:厚生労働省 生活困窮者自立支援のあり方等に関する論点整理のための検討会ワーキンググループ 資料

令和3年12月20日

 

Return Top