石田まさひろ政策研究会

義肢装具士学校養成所カリキュラム等改善検討会報告書

ニーズの増大と多様化に、デジタル技術及び工学技術の活用などにより、義肢装具士を取り巻く環境の変化が生じています。これらに対応するため、教育内容の見直しや臨床実習の充実等による義肢装具士の質の向上が求められている。カリキュラムの改善と学生や臨床現場に過度な負担のない臨床実習の在り方窓について、まとめられた報告書となっています。

 

https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000863157.pdf

 

 

出典:厚生労働省 義肢装具士学校養成所カリキュラム等改善検討会

令和3年12月

Return Top