石田まさひろ政策研究会

【白書紹介シリーズ21-34】水産白書

【白書紹介シリーズ21-34】水産白書

 

世界における漁獲量の急激な増加、温暖化を始めとした地球環境の変化などにより、世界の海洋資源は減少傾向にあり、生物学的に持続可能なレベルにある資源の割合は66%となっている。調査を開始した1974年には約90%であり、対策が図られているものの大きく減少している。地球の約70%を占める海においても、限りある海洋資源を守り持続した環境を保つことが重要である。

 

https://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/R2/attach/pdf/210604-15.pdf

Return Top