石田まさひろ政策研究会

家族類型別世帯割合

1980年に42%を占めていた、夫婦と子の世帯は減少の一途をたどり、2040年には23%に減少することが見込まれています。一方、単身世帯は19%から39%と倍増しています。

出典:内閣府 人生100年時代の結婚と家族に関する研究会 資料

令和4年2月7日

 

 

 

Return Top