石田まさひろ政策研究会

若年者の現金以外の決済手段の利用状況

現金以外の決済手段の利用状況について、18~19歳で最も割合が高いのは「電子マネー」(56.8%)、25~29歳で最も割合が高いのは「クレジットカード」(64.3%)となっています。 クレジットカードを利用する割合は、25~29歳の方が高いです。

出典:消費者庁 第32回消費者教育推進会議

令和4年7月22日

Return Top