石田まさひろ政策研究会

最大の課題は少子化

国立社会保障・人口問題研究所の「日本の将来推計人口(出生中位・死亡中位推計)」によると

65歳以上は
2015年:3395万人
2020年:3612万人
2030年:3685万人
2040年:3868万人
2050年:3768万人

日本の高齢化といいますが、従来の通りの定義では進展はほぼ終わりつつあるといっていいと思います。

ただし、75歳以上に限ると
2015年:1646万人
2020年:1879万人
2030年:2278万人
2040年:2223万人
2050年:2385万人

あと十数年増加が続きます。

つまり、年金については、支払いのほうはほぼ目途がつきはじめ、医療については、量的整備についてはほぼ目途がみえ高齢化への対応強化等の質的整備が重要となり、介護については、もうしばらく量的な整備が必要という感じであることがわかります。

一方、15歳未満は
2015年:1583万人
2020年:1457万人
2030年:1204万人
2040年:1073万人
2050年:939万人

少子化はすごい勢いで続きます。

ここでアベノミクスの新3本の矢を思い出しますと、

①希望を生み出す強い経済 : GDP600兆円
②夢を紡ぐ子育て支援 : 希望出生率1.8
③安心につながる社会保障 : 介護離職ゼロ

3番目の高齢化に関する内容より、少子化対策が上位にあることにお気づきでしょうか。

日本のことをこれまで高齢化社会、少子高齢社会、高齢多死社会などと言ってきましたが、日本のこれからの最大の課題は少子化です。

少子化

Return Top