石田まさひろ政策研究会

在宅で行われる医療処置の動向  

在宅の医療行為について、人工呼吸の指導管理が増えています。
若い人に多く、0歳~19歳が約6割を占めます。
人工呼吸器をつけての学業など、より多様な支援が必要になっています。

出典:平成28年3月18日
医療介護総合確保促進会議

%e5%9c%a8%e5%ae%85%e3%81%a7%e8%a1%8c%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%82%8b%e5%8c%bb%e7%99%82%e5%87%a6%e7%bd%ae%e3%81%ae%e5%8b%95%e5%90%91のサムネイル

Return Top