石田まさひろ政策研究会

ワクチン・血液製剤産業タスクフォース提言

平成28年10月31日
厚生労働省 健康局健康課

日本はワクチン・血液製剤産業・行政について、ビジョンや国家戦略が不明確で、国際的な潮流から取り残されつつあります。そのため、国民への安定供給ができなくなる可能性があります。企業規模、市場構造、価格設定、生産体制、承認制度などの論点について整理し、ワクチン・血液製剤の安定供給体制をどうすべきか等について書かれています

・ワクチン産業・行政のあるべき姿
・ワクチン産業・行政の現状(課題)
・血液製剤産業・行政のあるべき姿
・血液製剤産業・行政の現状(課題)
・ワクチン・血液製剤メーカーのガバナンス(内部統制、外部統制)の強化
・ガバナンス・コンプライアンスの強化

等がまとめられています。

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000141592.pdf

Return Top