石田まさひろ政策研究会

梅毒報告数の推移

近年の梅毒患者数の増加に伴い、母児感染も増加しています。
妊婦の梅毒は母子感染によって子どもに感染し、重篤な障害を残すことが報告されています。
先天梅毒防止に向け、10-40代の女性が妊娠前から定期検診ができる仕組み作りが必要かもしれません。

出典:平成28年12月20日
性感染症に関する特定感染症予防指針に基づく対策の推進に関する研究の概要
梅毒患者の推移のサムネイル

Return Top