石田まさひろ政策研究会

平成28年版 労働経済の分析【第3章】-誰もが活躍できる社会と労働生産性の向上に向けた課題

平成28年版 労働経済の分析
-誰もが活躍できる社会と労働生産性の向上に向けた課題-
人口減少下の中で誰もが活躍できる社会に向けて

生産年齢人口減少や、景気回復に伴う労働需要の増加により、労働力の減少が見込まれます。
労働力不足の解消に向けて、労働力を量と質の双方から確保できるよう環境整備が必要となります。
具体的には、就業を希望し、労働参加が見込まれる者の活躍が重要となります。そして、活躍が期待される高年齢者の就労状況と活躍に向けた方策を探る必要があります。
さらに、労働力の質の向上のため、企業が行っている人材の確保・活用方策及びその企業で働く労働者の意識などとの関係をアンケート調査から明らかにし、急激な技術革新や市場ニーズの多様化に伴う労働市場の変化に対応し、一人ひとりが活躍できるための課題を明らかにする必要があります。

・働く方々の活躍が求められる日本の状況
・高年齢者の働き方と活躍のための環境整備
・限られた人材の活躍に向けた企業・労働者の課題

平成28年版 労働経済の分析 -誰もが活躍できる社会と労働生産性の向上に向けた課題【第3章】のサムネイル

Return Top