石田まさひろ政策研究会

法案解説シリーズ(19)-銀行法-

私の属している財政金融委員会で、銀行法の改正を行いました。

今回の改正の背景は、FinTech(フィンテック)の進展への対応です。

金融に関するIT技術も他分野に劣らず急速に進展しています。昨年くらいからフィンテックという言葉も耳にするようになったと思います。

私も関心が強く、ブロックチェーン等の新しい技術の金融への取り込みなどを提案してきました。

そこで今回、今は全体像が把握できないフィンテック企業に登録制を導入し適切な金融体制をつくることと、旧来の金融機関がAPIを開放しフィンテック企業への情報提供等を進め情報の囲い込みを減らすことを進めるという、ブレーキとアクセルを両方バランスよく使えるような法改正の内容になっています。

金融は世界全体での競争ですから、とても激しい。これに勝ち抜いていくためには従来からの金融機関の体力と全く新しい発想での取り組みの掛け算がうまく行われなければなりません。引き続き注視すべき分野です。

Return Top