石田まさひろ政策研究会

介護老人保健施設での短期入所療養介護の利用目的

介護老人保健施設の短期入所療養介護の主な利用目的は、介護者のレスパイトです。
今後、高齢者世帯の増加に伴い、高齢者が主な介護となるケースが一層増加することから、介護者の体調不良による利用増加も見込まれます。介護者の体調不良などが起こった際に、被介護者の安全が確保できるような仕組みを作っていく必要があります。

出典:平成29年6月21日
第141回社会保障審議会介護給付費分科会

介護老人保健施設での短期入所療養介護の利用目的のサムネイル

Return Top