石田まさひろ政策研究会

相談や助けを求めることのためらい

半数以上の40~70代の男性は、悩み事などについて、相談や助けを求めることへのためらいを持っています。
この年代の男性で自殺率が高いのは、周りに助けを求められず、自殺に至っている可能性があります。

出典:厚生労働省 平成29年 自殺対策白書

相談や助けを求めることへのためらいのサムネイル

Return Top