石田まさひろ政策研究会

終末期医療の決定プロセスに関するガイドラインの活用状況

「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」を知らない医師が3割、看護師が4割、施設介護職員が5割います。
昨今、施設や自宅等、看取りの環境が多様化しており、国民全体で看取りに関する話し合いができる雰囲気を作る必要があります。

出典:平成29年9月15日
平成29年度第8回入院医療等の調査・評価分科会

人生の最終段階における患者との話し合いの現状のサムネイル

Return Top