石田まさひろ政策研究会

「地域医療構想」の達成の推移

内閣官房によると、2025年の病床必要量は急性期が減り、回復期が増加することが推計されています。
あくまで推計ですので、実際の地域ごとの医療ニーズを十分把握し、予測していかなければなりません。

出典:平成29年9月6日
第106回社会保障審議会医療保険部会
2025年の病床必要量のサムネイル

Return Top