石田まさひろ政策研究会

震災時に役立った情報収集手段

2011年の東日本大震災から2016年の熊本地震の間にかけて、災害時の情報集取集手段でSNSが大きく増えました。
ここ数年のスマートフォンの普及が影響していると考えられます。情報機器の変化に応じた災害時の情報提供体制を考えていくことが課題です。

出典:平成29年度版 情報通信白書
震災時に情報収集手段として役立った手段のサムネイル

Return Top