石田まさひろ政策研究会

主なOECD諸国における乳がん検診受診率

主なOECD諸国の中で日本の乳がん検診受診率は最も低いです。
乳がんは、女性のがん罹患の中で最も高く、また5年生存率も高い疾患です。早期発見につながるよう検診受診率を増やさなければなりません。

出典:男女共同参画白書平成30年度版

主なOECD諸国における乳がん検診受診率のサムネイル

Return Top