石田まさひろ政策研究会

がん患者の離職理由

がん患者の退職理由で多いものに以下の理由が挙げられています。
「仕事を続ける自信がなくなった」
「会社や同僚、仕事関係の人々に迷惑をかけると思った」
「治療や静養に必要な休みを取ることが難しかった」

がんの診断・治療技術の発達により、がん治療と付き合いながら生活することが昔より可能になってきました。
治療と仕事が両立できるよう働き方改革が必要です。

出典:第70回がん対策推進協議会

治療と仕事の両立支援

MasahiroISHIDA's tumblr


Return Top