石田まさひろ政策研究会

クレジットカードによる国税の納付

先の通常国会では参議院財政金融委員会理事として、いくつかの法改正をしました。
その内容を何度かにわけてお伝えします。

クレジットカードによる国税の納付

国税の納付の方法は、
・税務署、金融機関の窓口で現金に納付書を添えて納付する方法
・指定した金融機関の預貯金口座から振替納税する方法
・ダイレクト納付又はインターネットバンキング等を利用して電子納税する方法・延
納・物納(相続税・贈与税)があります。

平成29年1月以降、これらにくわえ
・インターネットを利用したクレジットカード決済
ができるようになります。

地方税については自治体によってですがすでにクレジットカード納付ができるところ
がありますので、国はその後追いをしたということになります。ただ、まだできない
地方もありますので、急いで整備をしてほしいです。

税制は国民からお金をいただくものですから、法律によりとても微細なところまで定
めるようにしています。このような決済方法を変えることも、行政の通知で済ますこ
とはなく、国会での審議が必要です。

税制の重さを感じる法改正でもありました。

Return Top