石田まさひろ政策研究会

社会参加と介護・認知症予防

定期的にコミュニティサロンに参加すると要介護認定率が半減し、年4回以上の参加で認知症の発症リスクが0.7倍に低下するという結果が出ています。高齢者の社会参加を促す取り組みが必要です。

出典:平成30年12月12日
経済産業省 第10回新事業創出WG
https://goo.gl/ehjU8S

Return Top