石田まさひろ政策研究会

重症度、医療・看護必要度のC項目

4月1日から新しくなった「重症度、医療・看護必要度」新たにC項目が加わり、その解釈について、細かな通知が出されました。

*書くと長くなるのでここでは省略。下記資料の1~6ページをご覧ください

http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=344633&name=file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000119348.pdf

C項目に相当するかは、病棟の看護師が判断するというより、手術室等で判断したほうがいいですね。診療報酬の手術のコードまで病棟ではわかりませんし・・・手術室から病棟へしっかりと情報が伝わるようお気を付けください。

できればオーダーリングシステムや電子カルテ等で、手術をした場合に自動的にコーディングするシステムを作れればいいのですけど。

Return Top