石田まさひろ政策研究会

【第198回通常国会法案紹介35】農業用ため池の管理及び保全に関する法律案

昨年も豪雨により多くのため池が決壊し被害が出ました。全国に約20万ヶ所と言われているため池の管理を強化します。

しかし、ため池は、3割程度が所有者の不明、6割程度が集約や個人の管理となっており、組織的な管理が必要です。

そこで、農業用ため池の届出制を義務化し、所有者に対し適正管理の努力義務化を行います。また行政には立入権限を導入します。また特に被害を及ぼす恐れのあるものを特定農業用ため池に指定し対応を強化します。所有者の不明のものは市町村が管理権を取得できる制度もつくります。

Return Top