石田まさひろ政策研究会

【第200回臨時国会法案紹介07】農林水産物及び食品の輸出促進に関する法律案

農林水産物及び食品の輸出を拡大するにあたり、相手国の食品安全などの規制に対応する必要があります。その調整・対応を円滑にし、個々の事業者だけでなく政府一体となって取り組むための体制整備をします。

農林水産物・食品輸出本部を設置し、輸出促進に関する基本方針を定めた上で、工程表に従い進捗管理をします。

また、法律上の根拠規定がなかった、輸出証明書の発行、生産区域の指定、加工施設の認定を明確にし、さらに融資をしやすくします。

2012年には4500億円程であった輸出を2020年以降1兆円を超えるレベルに引き上げていきます。

Return Top