石田まさひろ政策研究会

【政策資料集】高年齢労働者の労働安全衛生対策

労働災害による休業4日以上の死傷者数のうち、60歳以上の労働者が占める割合が多く、転倒や腰痛が増加傾向となっています。生涯働き続けられる社会に向けて、寿命を意図した安全確保の工夫が必要です。

厚生労働省 令和元年11月29日(金)
第91回労働政策審議会 職業安定分科会雇用対策基本問題部会

Return Top