石田まさひろ政策研究会

【政策資料集】高齢運転者による死亡事故に係る分析

高齢運転者による死亡事故において、75歳以上の高齢運転者は「操作不適」による事故が最も多く見られます。
また、ブレーキとアクセルによる踏み間違い事故の割合は75歳未満の約5倍という結果となりました。
高齢者のドライバーに対応して、誤操作が起きづらい車両の開発を進めていくことも重要です。

 

警察庁 2019年5月14日
第7回高齢運転者交通事故防止対策に関する有識者会議

Return Top