石田まさひろ政策研究会

【第201回通常国会法案紹介05】 国家公務員法等の一部を改正する法律案

平均寿命の伸びていることから、経験が豊富な60歳から65歳の国家公務員の能力を活用するため、これまでの60歳定年を2年に1歳ずつ引き上げ、令和12年度に65歳までとします。それに伴い、役職定年制(60歳まで)も導入されます。5(内閣官房)国家公務員法等改正法案のサムネイル

Return Top