石田まさひろ政策研究会

【報告書】子どもの貧困対策に関する大綱

平成25年に成立した「子どもの貧困対策の推進に関する法律」に基づき策定される2度目の大綱。現在から将来にわたり、全ての子供たちが夢や希望を持てる社会を目指す。そのために、
① 親の妊娠・出産期から子供の社会的自立までの切れ目のない支援子供のライフステージに応じて早期の課題把握
② 支援が届かない又は届きにくい子供・家庭への配慮声を上げられない子供や家庭の早期発見と支援の多様化
③ 地方公共団体による取組の充実
を進める。その評価指標はひとり親の正規雇用割合、食料又は衣服が買えない経験等29項目。

出典:2019年11月29日 閣議決定

https://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/pdf/r01-taikou.pdf

Return Top