石田まさひろ政策研究会

【政策資料集】夫の休日の家事・育児時間別にみた第2子以降の出生の状況

夫の休日の家事・育児時間別に第2子以降の出生の状況を比較すると、「週に6時間以上」参加する家庭には8割以上出生しているのに対し、「家事・育児時間なし」では1割という結果でした。家事育児ができる働き方の実現は、出生率の向上にも有効といえます。

令和2年7月 内閣府

少子化社会対策白書

10のサムネイル

Return Top