石田まさひろ政策研究会

【報告書】「地域の持続可能な発展に向けた政策の在り方研究会」報告書

人口減少、少子高齢化が進む中、地域における住民サービスも縮小している。そのような中、中心的な役割を担う組織などが、有機的・広域的に連携することにより、地域を持続することが可能となってくる。地域の生活ニーズに重点を置き産業分野や業態の壁を越えるとともに、デジタル技術を活用や、人材の育成、登用が重要であることがまとめられている。

令和2年9月30日

経済産業省  地域の持続可能な発展に向けた政策の在り方研究会

 

https://www.meti.go.jp/shingikai/sme_chiiki/jizoku_kano/pdf/20200930_1.pdf

 

Return Top